PR
compact disc-rewritable

 書き換えが可能なCD。米Hewlett-Packard Co.,三菱化学,オランダPhilips Electronics社,リコー,ソニーの5社が1996年10月に規格化した。相変化記録膜にデータを書き込む。ほとんどのCD-RW装置はCD-R媒体への書き込みをサポートしている。

 規格化以前は「CD-E(compact disc-erasable)」と呼ばれていたが,語感の問題からCD-RWに変更されたといわれている。