PR
discrete cosine transform

 離散コサイン変換。画像データの空間情報を周波数情報に変換する直交変換の一手法。MPEGやJPEGといった画像データ圧縮の根幹部分となる信号処理である。

 DCTを使った画像圧縮では,画面をいくつかの小さなブロック(例えば8×8画素)に分割して,そのブロックごとに直交変換する。