PR

wireless transport layer security

 TLS(transport layer security)をベースに,WAPフォーラムで標準化されたセッション層のセキュリティ確保用プロトコル。

 RC5暗号が採用されている。スウェーデンColumbitech社は,WTLSを用いることで,無線通信で接続が切断された際,再認証なしに通信を再開させることができる「セッション・レジューム」と呼ばれる機能や,複数の無線通信の間をシームレスに切り替えるための「ネットワーク・ローミング」と呼ばれる機能を持ったソフトウエアを開発していた。