PR
high definition television

 高精細度テレビ。NTSC方式のカラー・テレビ信号よりも走査線数やアスペクト比(画面の横と縦の長さの比)を増やすなどして画質を改善したテレビ。

 HDTVはもともとNHK(日本放送協会)が開発し,機器メーカー数社が開発に加わった。開発したときの意図は,単にテレビを「高解像度にすること」をねらったのではなく「臨場感」のあるテレビ映像を目指していた。