PR

media access control

 LANなどで,共通の伝送媒体(LANケーブルなど)を使う複数の端末がデータをやりとりするためのアクセス制御方式。IEEE 802系のLANの場合,OSI参照モデルのデータリンク層が2つの副層から成っていて上位が論理リンク制御層(LLC:Logical Link Control層)で下位がMAC層である。MAC層はフレームの送受信を制御するレイヤであり,EthernetではCSMA/CD,一部の無線LANではCSMA/CAが使われている。