PR
redundant array of inexpensive disks

 redundant array of inexpensive disksを略したもので,複数のハード・ディスク装置(HDD)をまとめて管理するための技術のこと。データを分散して記録するため,高速に書き込んだり,データを安全に保存したりすることができる。1987年に米University of California Berkeley校のDavid A.Patterson氏とGarth Gibson氏,Randy Katz氏の3人が論文「A Case for Redundant Arrays of Inexpensive Disks」で提唱した。従来はサーバ機など大型コンピュータで使用されていた技術だが,ここに来てパソコンでもRAID機能を搭載する製品が登場している。

 複数のHDDにデータを分割して記録/再生するRAID-0や,2台のHDDに同じデータを記録するRAID-1,複数のHDDにデータを分割して記録し,さらにパリティ情報も複数のHDDに分散して記録するRAID-5などがある。RAID-0はストラピングとも呼ばれており,記録再生速度の向上を図れるのが特徴である。RAID-1はミラーリングという。片方のHDDに不具合が発生してもデータが失うことはない。RAID-5はどれか1つのHDDが故障してもHDDを交換すれば周囲のデータとのパリティを比較することで速やかなデータ普及が可能。

普及が始まるRAID装置
図 普及が始まるRAID装置
(日経エレクトロニクス2004年7月5日号より抜粋)