PR

 面状に並べたフォトダイオード(画素)で光電変換して得た電荷をMOSFETを使ったスイッチング回路で1画素ずつ選択して読み出す撮像素子。スイッチ(MOSFET)で縦と横の信号線をそれぞれ1本ずつ選択することで画素を特定する。これを全画素に対して順次繰り返し,1画素分の電荷を読み出す。なお現在,製品化されているのはほとんどがCMOS型である。