PR
Moving Picture Experts Group Phase4

 MPEG-1,MPEG-2に続く動画符号化方式の国際標準規格。当初は移動体通信やインターネットに向けた高能率符号化(データ圧縮)方式として標準化が進んだ。符号化対象は音声,オーディオ,合成音楽,動画,CG,アニメーションと幅広い。

 このうちMPEG-4ビデオ(ビジュアル)は64kビット/秒~384kビット/秒と低速で符号化できることが特徴。国際標準化作業はISO/IECJTC1 SC29WG11が担当した。用途に応じたいくつかの符号化プロファイルがあるが,最大64kビット/秒のシンプル・プロファイルの採用例が多い。代表的な製品には,シャープが1999年3月に発表したMPEG-4カメラなどがある。1999年7月には,基本機能をまとめたVersion 1が国際標準(IS)となり、拡張機能のVersion 2は技術仕様となるCD(Committee Draft)が固まった。