PR
pulse width modulation

 パルス幅変調。入力信号の振幅を矩形波の長さに変換してスイッチング電源を動作させる方式。低域通過フィルタを通すことで出力を得る。入力オーディオ信号を回路内部で生成した三角波と比較し,三角波の振幅が入力信号より大きい場合に矩形波を出力するといった単純な回路で構成できる。

 PWM方式は,ΔΣ変調方式よりもコストは低い。チップのコストはAB級アンプを上回るものの電源などの部品コストが下がるため,全体のコストを低減できる。