PR

 ハード・ディスクから読み出した孤立再生波(磁化反転に対応)の半値幅を,サンプリング周期で割ったもの。ユーザー密度を大きくすることで,線記録密度を高めることができる。