PR

 国内における地上デジタル放送「ISDB-T(integrated service digital broadcasting-terrestrial)」による携帯機器向け放送サービスの名称。2006年4月1日に本放送を開始した。

 ISDB-Tでは,6MHzの放送波を13個の帯域に分割,各帯域ごとに搬送波の変調方式や畳み込み符号の符号化率を選択できるようにした。分割した各帯域をセグメントと呼ぶ。実際にはガード・バンドとして1セグメント分の帯域を用意するので,1セグメントの帯域は429kHzとなる。ワンセグは,この1セグメントを使った放送サービスである。送出する映像はQVGA(320×240画素)である。現在,固定受信に向けたHDTV放送で13セグメントを利用しているが,1セグメント放送が始まると残りの12セグメントを使用することになる。1セグメント放送の内容については,当面は12セグメント放送と同じ映像を送信するサイマル放送となる。

 1セグメント放送のプロファイルは2004年12月にARIB(電波産業会)で策定された(表)。プロファイルの策定作業では映像へのスクランブルの是非が議論されたが,策定されたプロファイルでは適用が見送られた。映像の符号化方式にはH.264/MPEG-4 AVCを用いる。コピー制御はCCI(copy control information)により行う。不揮発性メモリ(NVRAM)に格納されている個人情報へのアクセスについては通信サーバとのやりとりに制限を設けている。アクセス可能なサーバを限定した上で,こうした情報の管理は各系列局で体制を整える。BML(broadcast markup language)では,HDTV放送用に使われていた関数を一部拡張しオプションを付けた。例えば空電子メールを放送局に送信して応募したり,スケジュール帳に番組情報などを追加したりすることが可能になる。GPSの位置情報とBMLを組み合わせて最寄りのレストランを表示するといったサービスもできる。

表 1セグメント放送のプロファイルの主な内容
(日経エレクトロニクス2005年1月17日号より抜粋) 表 1セグメント放送のプロファイルの主な内容

ワンセグをもっと知る