PR

 画像補間において対象個所の周囲16個の画素をサンプルし,3次元曲線を仮定して補間する手法。画像はぼけにくいが,計算量が多くなる。