PR

 光ディスクの技術を応用した磁気記録方式。ハード・ディスク装置に光源や光学系を導入して,面記録密度の向上を図るのが主な目的である。具体的には,レーザ光を当てることで磁気記録媒体の温度を上げて,磁化反転を容易にした状態で磁気記録を行う技術などがある(熱アシスト記録方式)。

 国内の大学や,シャープや日立製作所といったメーカーが研究開発をしているほか,米Seagate Technology, Inc.が買収した米Quinta Corp.が開発していた「OAW(optically assisted winchester)」技術などがある。なお,米TeraStor Corp.が開発していたNFR(near field recording)技術も,光ディスクの技術を応用した磁気記録方式の一つだった。