PR

 始点のノードと終点のノードをたどるとき,その間に経由するノードの数。PHY遅延やケーブル長などによって,そのバスにおける最大のホップ数が決まる。例えば,IEEE1394-1995の最大ホップ数は16である。