PR

 信号を伝送するためのバスがアイドル状態にするギャップの時間を決める値。バス全体の伝ぱ遅延から求める。

 バス調停(アービトレーション)するときに利用する。通常はバス構成(トポロジ)に最適化した値をとる。この値が小さすぎると,バス調停に要する時間が不足し,伝送中のデータが壊れる可能性がある。逆に大きすぎると,データ通信の帯域を狭めてしまう。