PR

 データ・ストリームなどを拡散符号と呼ぶ特定の符号を用いて演算処理することで,元のデータの周波数帯域よりも広い帯域に信号を拡散させてから伝送する方式。受信側では,送信時と同じ符号を用いて復調する。携帯電話機や衛星通信など無線通信の分野で幅広く使用されている。