PR

 雑音の多い伝送路でデータ誤り率を抑えるために考案された符号。通信機器向けに実用化されている。近年では,ハード・ディスク装置の線記録密度を高めるための方法としても提案されている。