PR
microprogram

 コンピュータの中心的な要素であるCPU(中央処理装置)は命令の読み取り,解読,実行などを行うが,次第に多機能,高性能になるに従って,ゲートやフリップフロップから成るワイヤードロジックだけで構成することが難しくなっていった。

 そこで,命令(マクロ命令)そのものを,いくつかの基本的なマイクロ命令から構成したストアドロジック(プログラム化論理)が用いられるようになった。これをマイクロプログラムという。マイクロプログラムを採用することにより,演算部のハードウエア構成は標準化され,集積化が容易になった。