PR

 電波干渉回避技術の一つ。無線LANなども利用する2.4GHz帯で,周波数チャネルの状態を動的に把握し,必要であれば別の周波数チャネルに通信チャネルを切り替える技術の総称。

 ZigBeeではIEEE802.15.4の仕様で,「受信信号強度インジケータ(RSSI)」などで受信信号の強さを把握して通信相手に伝える機能「Energy Detection」を規定している。これを利用すれば,ネットワーク層以上の仕様次第でfrequency agilityの実現が可能になる。

 Cypress Semiconductor社の「WirelessUSB」は,ZigBeeと同様な仕組みのfrequency agilityを備えている。一方,Nordic Semiconductor社のfrequency agilityはEnergy Detectionではなく,受信できなかったパケットの数をカウントして利用中のチャネルの状態を把握する。