PR

 電子機器分野では,主に液晶パネルに背面から光を当てるための照明を意味する。

 光源としては,蛍光灯の一種であるCCFL(冷陰極蛍光管)や, LEDを用いる場合が多い。このほか,最近ではバックライトに投射型の液晶プロジェクターを採用することで,液晶パネルのコントラスト比を高めるといった方式も開発されている。

 光源の配置方式としては,液晶パネルの背面全面に光源を並べる直下型と,液晶パネル側面の額縁部分に光源を並べて,導光板や反射板を使って光を液晶パネル全面に広げるエッジ・ライト型がある。エッジ・ライト型はサイドライト型とも呼ばれる。

 液晶テレビや液晶ディスプレイを薄型化する上で,バックライトの薄型化が大きな課題となっている。

 PDPや有機ELといった自発光型ディスプレイの場合,バックライトは不要である。

図 主なバックライトの種類と特徴,用途
図 主なバックライトの種類と特徴,用途 (画像のクリックで拡大)