PR

 理想的なオペアンプでは出力電圧は入力電圧に比例し,入力電圧が0のときに出力電圧も0となる。しかし,実際には出力が0となる入力電圧は必ずしも0ではなく,ある小さな値を持つ。この電圧をオフセット電圧と呼ぶ。これは誤差の発生要因となる。