PR

 1件の「死亡,重症災害」の背景には,29件の「軽症災害」と300件の「無傷害事故」があるという,労働災害における発生確率を示した法則。