PR

 等方性材料は,高い静水圧下でも塑性変形に起因する形状変化はなく,降伏条件は静水圧応力成分を除いた偏差応力成分の組み合わせだけで表されます。従って,任意の応力状態に対する降伏は,その点のせん断ひずみエネルギの値が,引っ張り降伏によるせん断ひずみエネルギの値に等しくなったときに生じるのです。これをせん断エネルギ説と呼びます。