PR

 パイプを型にセットし,パイプの内側に液体を充てんして圧力を高めながら軸方向に押し込んで成形する方法。これをアルミ合金製のサスペンションに適用した場合,部品の数は板材のときの8個に対し3個と,半分以下に削減できる。このほか,軽量化,溶接・治具コストの削減,プレス金型コストの削減,設計自由度の向上といったメリットがある。