PR

 界磁に永久磁石を用いたモータでは永久磁石の磁束が一定なので,回転数が上がるにつれて同磁束によって生じる逆起電力が増加する。そして,ある回転数に達すると,この逆起電力がモータの印加電圧と等しくなる。それにより,モータには電流を流せなくなり,それよりも回転数を上げることができなくなる。これを防ぐために用いるのが弱め界磁。ステータのコイルに電流を流すことにより,永久磁石とは逆向きの磁束を発生させて逆起電力を低減させる。