PR
[画像のクリックで拡大表示]

 ドイツDaimler社の日本法人は2017年8月9日、上級セダン「Sクラス」を部分改良すると発表した(関連記事)。「Eクラス」で導入した、運転者がウインカーを操作すると自動で車線変更する支援システム「アクティブレーンチェンジングアシスト」の使い勝手を高めた。

 新型Sクラスでは、ウインカーのレバーを軽く押すだけで、システムが作動する。今回から、ウインカーレバーを戻す必要がなくなった。ウインカーレバーは、途中まで倒すと、元の位置に戻る仕様になっている。

 Sクラスで導入したシステムは、ウインカーを点滅させると、3秒後にセンサーが車両周囲のクルマと衝突の危険がないことを確認し、安全が確認された場合に車線を変更する。車線変更時に周囲の状況で実行できなかった場合でも、10秒以内であれば、自動で車線変更を実施する。