PR

日産自動車は2017年9月6日、2代目となる電気自動車(EV)の新型「リーフ」を発表した。リチウムイオン電池の容量を増やすことで、1充電で400km走れるようにしたのが特徴だ。続々と他社の参入が進むEV市場の中で、日産の将来を担う“勝負車”。製品開発担当の副社長、坂本秀行氏に開発の要点と今後の展望を聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い