PR

「Apollo 1.5」は5つのコア技術をオープンソースにした。(1)障害物感知、(2)運転路線の決定、(3)クラウド側のシミュレーション、(4)高精度かつ広範囲の地図、(5)End-to-Endの深層学習、である。さらに、昼夜問わず固定車線に沿った自動運転機能も提供した。

この記事は有料会員限定です

日経クロステック有料会員になると…

専門雑誌8誌の記事が読み放題
注目テーマのデジタルムックが読める
雑誌PDFを月100pダウンロード

有料会員と登録会員の違い