PR
中村大介(なかむら・だいすけ)  高収益化支援家、弁理士
中村大介(なかむら・だいすけ)  高収益化支援家、弁理士
[画像のクリックで拡大表示]

 本コラムの名称「知財で築く真田丸」は、ご想像に難くなく、2016年1月にスタートした、NHKの大河ドラマ「真田丸」をヒントにさせてもらいました。

 ご承知の方も多いと思いますが、真田丸は、大阪城の弱点部分を強化するために同城の一番外側に築かれた出城(でじろ)です。そこで真田信繁(幸村)は、徳川氏が率いる江戸幕府軍を痛い目に遭わせることになります。何重もの堀を備える強固な大阪城と要塞・真田丸に苦戦した徳川氏は、和睦の条件である外堀に加えて、そうでない内堀までを埋めてしまい、豊臣氏を滅亡へと追いやります。

 「歴史に『たられば』は禁物」を承知で申し上げれば、もし堀を埋められなかったら、大阪城は落ちなかっただろうと思います。大阪方の大半が雑兵の寄せ集めだったにもかかわらず、徳川氏を大いに苦しめました。大阪城の堀と真田丸は、それほど強固だったのです。

 知的財産(知財)はよく城や堀に例えられます。強固な城には「難攻不落」という表現が使われますが、事業も同じことです。知財によって難攻不落にすることができます。すなわち、模倣困難にするのです。

 薄型テレビは、あっという間に模倣されてしまい、日本メーカーの多くがこの事業から撤退しました。結果を見れば、模倣が容易だったということになります。一方、デジタルカメラや産業用FA機器については、知財がしっかりしているために模倣できず、事業基盤は強固です。大阪城になぞらえていえば、堀がしっかりとあり、真田丸で攻撃も可能という状態といえます。

 一般に、城が意図的に築かれて強固なものになるのと同様に、知財も意図的に作って強固にする必要があります。ここで、「意図的に」築いたり作ったりするのは誰かといえば、城の場合は設計者で、知財の場合には研究開発の現場に他なりません。