PR

中村 大介(なかむら・だいすけ) 高収益化支援家、弁理士
中村 大介(なかむら・だいすけ) 高収益化支援家、弁理士
[画像のクリックで拡大表示]

 私ごとですが、弁理士として権利行使の仕事をすることが間々あります。具体的には、日本や中国で模倣品を販売している業者に対して特許権等の権利を行使するのです。カジュアルな表現で申し訳ありませんが、模倣品を見るとハッキリ言って「ムカつきます!」。心の中では、「せっかく開拓した市場を許可もなく模倣品で荒らしやがって」などと思い、「あの模倣品をやっつけろ!」と憤りを感じてしまいます。

 日本と中国の比較をすると、日本では大企業の知財意識は高いと思います。日本の大企業が特許権の存在を知りながら侵害することはほぼありません。しかし同じ日本でも、中小企業となると話は別で、模倣品を堂々と出してくる会社は少なくありません。特許権の存在を知らないのか、はたまた侵害に対する意識が低いのか、原因はさまざまだと思いますが、日本国内でも模倣品はあるのが現実です。

 一方、中国と言えば、知財意識は高いとはいえず、多くの方が「模倣品大国」というイメージをお持ちなのではないでしょうか。確かにその通りで、模倣品が出ていないかどうかを継続的にウォッチする業務をしてみると、出るわ出るわ、模倣品がどんどん出てきます。まさに「もぐらたたき」のような状態で、模倣品大国というイメージそのままです。

 しかしそんな中国でも、特許の制度や国・大企業の意識に関しては以前とは随分と違ってきているように思います。実際に権利行使をすれば、思っていたよりもすんなりと主張が通ることがあるからです。これは、模倣者に対して、きちんとした特許をきちんとした手続きで示すことにより、侵害行為を止めさせることができるということに他なりません。制度としては、日本とあまり変わらず利用しやすいように思います。

 このように中国の制度などは改善されてきている一方で、模倣品を販売する業者の意識がそれにまだ追いついていません。この点では、日本もあまり変わりません。その結果、日本でも中国でも模倣品は放っておくとどんどん増えることに。本当に困ったものです。