米プロバスケットボールNBAの2016-2017シーズンは現在、2017年6月の決勝シリーズ、NBAファイナルズに向けて激しいレギュラーシーズンの試合が行われている。NBAはIT(情報技術)の導入に最も積極的なプロリーグの一つ。今シーズンも開始に合わせ、さまざまなIT関連施策が導入されている。
 まず注目したいのが、放送・配信サービスNBA League Passで開始された新画面「Mobile View」だ。NBA League Passは1995年に開始され、基本的にNBAの全試合が観られる有料視聴サービスである。米国だけでなく、海外にも進出している。
NBA League Passで開始したスマホ、タブレット向けの新画面「Mobile View」(図:NBA)
NBA League Passで開始したスマホ、タブレット向けの新画面「Mobile View」(図:NBA)
[画像のクリックで拡大表示]
 当初はケーブルテレビや衛星放送など有料テレビ放送向けだったが、高速インターネットやスマートフォン(スマホ)の普及に伴い、STB(セットトップボックス)「Apple TV」や「プレイステーション 4」、さらにはiOSやアンドロイドなどいわゆるストリーミングにまでサービス範囲を拡大してきた。

 そんななか新たに導入されたMobile Viewは、スマホやタブレットなど画面の小さいモバイル端末での視聴をターゲットにしたサービスである。主な特徴は、これまでの一般テレビ向けの中継画像に比べ、よりズームアップされた画面構成になっていることだ。これまでは全コートの3分の1ほどを写した画像がメーンで使われてきたが、Mobile Viewでは選手が従来より3倍ほど大きく映る画面構成となっている。

 小さな画面で見ても、選手の表情や動きがよく分かるようにしたのだ。ユーザーはアプリ上で、通常のテレビ画像とMobile Viewを選択できる。またMobile Viewは、単にテレビ画像をデジタルズームにするのではなく、専用カメラで撮影してモバイル端末向けに最適化されているという。

 Mobile Viewの導入理由についてNBAのデジタル部門は、同サービスのストリーミングでは70%以上がモバイル端末で視聴されている事実を挙げている。さらに今シーズンから同サービスは中国にも進出しており、潜在的に数億人を見込む同国の新規ユーザーの多くがパソコンやモバイル端末を使用すると見込んでいることも指摘していた。モバイル端末でのストリーミング視聴は拡大しているだけに、今後このような画面サービスは他のスポーツにも広がるかもしれない。

VRのライブ配信サービス開始

NBAによる各チームの絵文字の公開を知らせるツイート(図:NBA)
NBAによる各チームの絵文字の公開を知らせるツイート(図:NBA)
[画像のクリックで拡大表示]
 NBA League Passの新画像サービスはこれだけではない。スポーツ界でも一大ブームとなっているVR(仮想現実)画像のライブ・ストリーミングも行われている。VR専門企業の米NextVR社とNBAは2013~2014シーズンからVR画像配信に向けて取り組んでおり、2015年10月にはゴールデンステート・ウォリアーズ対ニューオリンズ・ペリカンズ戦をライブ配信した実績を持つ。

 そして今シーズンはレギュラーシーズンにおいて、毎週最低1試合以上、VR形式でのライブストリーミングを実施中なのだ。レギュラーシーズンにおいて定期的にVR映像を配信するプロスポーツリーグはNBAが初めだ。

 人気の拡大と維持という点においてもはや無くてはならない存在であるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)にも注力している。NBAはシーズン開幕直前に若者に人気のSnapchatと提携契約を更新したことを明らかにした。この契約によってNBAをテーマにした画像加工機能「Lenses」がユーザーに提供されるなどしている。さらに、ユーザーの投稿が試合会場の大型スクリーンに表示されるファンサービスも行われている。