PR

知財面で見ても間違い

 話は知財研修の打ち合わせの時に戻ります。「競合比較表に基づく商品企画」の問題点について、私たちは次のようなことを話し合いました。

私たちが話し合ったこと
①競合比較表に基づく商品企画を続ければ、開発は難しくなる。
理由:なぜなら、回避すべき他者の特許があるから。
知財の立場:知財部としては、権利侵害がないことを確認させる業務を用意するのがベストエフォートだ。これ以上、研究開発部門に「ああしろ、こうしろ」とは言えない。

②知財は取りづらくなる。取れたとしても、権利範囲の狭い知財になる。
理由:なぜなら、引用文献や公知技術が多いから。
知財の立場:知財部としては、狭い権利でも権利化してあげることが必要。「もっと独自性の高いテーマで開発してみては?」とは言いづらい。

 論理的には明快なので、分かりやすいと思います。そのため、知財的にも間違いであることは理解してもらえると思います。ここで本当に理解してほしいのは、知財部門からは「言いづらい」という点です。知財部門は知財の側面からの間違いを指摘することはできると思うのですが、それ以上は研究開発部門に「ああしろこうしろ」とは言えないのです。なぜなら、独自性の高いテーマは設定が難しいからです。また、リスクも伴うため、支援部門である知財からは言いにくいのです。

 そのため、競合比較に基づく商品企画を行っている技術者の皆さんは、知財部からは間違いであるとは「言ってもらえない」と思って下さい。既に競合比較に基づく商品企画をしていれば、それを継続していく方が圧倒的に楽でしょう。しかし、上記の通り、収益性は下がりますし、知財的にも大変になります。

 良い仕事をするために、当然のことは論理的に知っておく必要があると思いませんか。特に、若手技術者の皆さんには説明できるようになってもらいたいと思います。技術経営と知財は共に収益性を高めるために必要な知識です。学問のための学問ではなく、良い仕事をするための学問、実学です。多くの技術者は技術経営を身に付ける必要があるというのが、私の一貫した提案です。