事業を考えるときにはよく、ヒト・モノ・カネといわれます。経営資源としての人材、物資、資金ということですが、IoTを考えるときにも同じようにヒト・モノ・カネという視点から考察することが肝要です。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
有料会員と登録会員の違い