PR

 前回は、ハードウエアスタートアップが成功するために必要な10項目の条件を挙げました。今回から、その条件の詳細について紹介していきたいと思います。今回は、「デザイン性の向上」と「尖った性能を実現する」の2つについて、私が関わった実際の製品を例にして解説します。

 競争相手が少ない「ブルーオーシャン」とされる市場でも、いずれは競争相手がひしめく「レッドオーシャン」になる場合がほとんどです。そこで、仮にレッドオーシャンになったとしても、“輝き”を放ち続ける特徴的なハードウエアや、そのハードウエアを基にしたサービスを構築しなければなりません。そこで必要になるのが、デザイン性を高めることと、突出したハードウエアとサービス、つまり尖った機能を実現することです。

 ここで言うデザインとは、単なる外観デザインや意匠デザインだけを指しているわけではありません。ユーザーインターフェース(UI)やユーザー体験(UX)などを含めた総合的なものです。ですので、デザイン性を高めることは、尖った機能を実現することにもつながります。米Apple社の製品を頭に浮かべていただければ、すぐに分かっていただけるかと思います。