PR
野々上 仁(ののがみ・じん)
野々上 仁(ののがみ・じん)
ヴェルト 代表取締役 CEO。1992年に京都大学卒業後、三菱化成(現・三菱化学)に入社。配属された光ディスク部門にて生産管理・新規営業や製品企画を担当。インターネットの世界に魅了され1996年にサン・マイクロシステムズに入社。2010年のオラクルによる買収後は、日本オラクルにて執行役員およびバイスプレジデントとしてハードウエアの事業部門を指揮。2012年8月、次なるネットワークコンピューティングの世界に挑戦するため、ヴェルトを設立。2014年には「アップルウオッチ」に先駆けて日本発のスマートウオッチを発売。現在に至る。(写真:加藤 康)

野々上 よくよく考えたら、アントニオ・ガウディのサグラダ・ファミリアなんかは緻密の最たるものですからね。

大坪 では、日本のものづくりは何が優れているのかといえば、品質の高さよりも立ち上げのスピードが速いことではないでしょうか。例えば、素早くものを作りたいけど人も技術も十分ではないスタートアップにとって、日本は経験や実績の豊富な中小企業による支援を受けやすい環境といえます。

 あとは現場のレベルといいますか、みなさん真面目ですよね。やっぱり海外の工場ですと、材料を盗まれないように鍵をかけるとか、結構がちがちに管理していますけど、日本はそういうことはしなくてもいいので。

 海外との比較でいうと、日本は部品の扱いなんかも丁寧です。部品と部品がぶつからないように置くとか、傷が付かないようにするとか、気配りが違います。だから、安心して取引できるはずです。品質の高いものを作るコストが安いといえるかもしれません。

野々上 逆に言えば、品質が高くないものに対するコストもそれなりに高い(笑)。

大坪 それはそうかもしれません。良くも悪くも、手が抜けないんですよね。自社の工場がまさにその状態に陥っていて、安いものを作れないんですよ(笑)。部品なんかを雑に扱っていいよといわれても、現場の人がそんなふうに扱えない。例えば、航空機部品とそうではない部品があったとして、航空機部品は精密に、そうではないのはラフでいいよといっても、難しいんです。

 実際、航空機部品は1つの工程に最低でも3つぐらいの検査があって、不合格だと次の工程に進めないですから。それを全数でやっているので、航空機部品で不良を出したことはありません。でも、その管理を他の部品にも当てはめると、安く作れなくなってしまいます。だから、仕事を選ばないといけないんです。

野々上 だから、今は高付加価値製品に集中しているんですね。

大坪 そうですね。

野々上 事業の構成はどんな感じですか。

大坪 構成は、航空・宇宙と医療機器で70%ぐらいです。医療機器は急速に増えています。

 私たちが今やっているのは低侵襲手術といって、要するに切る量を最小限にして、穴からさまざまな機器を入れて手術します。例えば、背骨のインプラントを小さな穴から手術する装置を作っていまして、限られた空間に医療機器をすべて詰め込まないといけないんです。製品の表面にちょっとした傷が入っているだけでも、長く使うと疲労破壊してしまいます。人体の中に入れるものが折れてしまってはダメなので、500万回の疲労試験を耐えることを前提に設計されたものを使うなど、ものすごい品質が求められます。

野々上 そこには技術革新もあるんですか。