PR

 昨今、自動車関連技術の1つとして、ハンドルやアクセル、ブレーキなどを使った車の操縦の一部またはすべてを自動的に制御する「高度運転支援・自動運転技術」の実現に向けた技術検討が盛んに行われています。こうした高度運転支援・自動運転技術の実現には、自動車の周辺環境をモニタリングするレーダーやカメラといったセンサーデバイス技術や情報処理技術に加え、自車以外の自動車や、歩行者などの自車周辺の様々なモノと通信を行うため、無線通信技術の進歩・活用が重要であると考えられます。

 また自動車に対し無線通信を活用するサービスは、自動運転にとどまりません。車両の状態や周囲の道路状況などのデータ集積/分析による多様なサービスへの活用も考えられます。このように常にネットワークに接続され、様々なネットワークサービスを受けられる自動車は「コネクティッドカー」と呼ばれます。

今回のコラムでは、3GPPにおいて検討されているコネクティッドカー/自動運転技術の実現に向けた自動車との無線通信技術の最新状況をお伝えできればと思います。