PR

 前回(第1回)は、管理者が管理者としての仕事ができていない理由をテーマに掲げた。そして、そのうちの1つとして「管理者としての役割をきちんと認識できていないために、適切な仕事の配分(組織としての適切な分業化)ができていない」という理由を取り上げ、問題点や対応策を解説した。限られた時間と労力の中で日々の仕事に追われながら管理者としての仕事をすることは、現実にはかなり難しい仕事だろう。しかし、管理者として常に自分と自分が所管する業務の棚卸をしておくことは、管理者に求められる基本のスキルだと考えてほしい。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

さらに、有料会員に申し込むとすべての記事が読み放題に!
【SE応援割開始】月額プランは8月末まで無料
>>詳しくは


日経クロステックからのお薦め

【SE応援割開始】月額プランが8月末まで無料!
日経BPで働きませんか

日経BPで働きませんか

「デジタル&ソリューション」をキーワードに、多様な事業を展開しています。

日経BPは、デジタル部門や編集職、営業職・販売職でキャリア採用を実施しています。デジタル部門では、データ活用、Webシステムの開発・運用、決済システムのエンジニアを募集中。詳細は下のリンクからご覧下さい。

Webシステムの開発・運用(医療事業分野)

システム開発エンジニア(自社データを活用した事業・DX推進)

システム開発エンジニア(契約管理・課金決済システム/ECサイト)