恐らく日本では「ファンタジー・スポーツ」と聞いてもピンと来ない方が大半でしょう。ファンタジー・スポーツとは、自分がプロスポーツ球団のGM(ゼネラルマネージャー=選手獲得の最高責任者)になったつもりで好きな選手を集めて“空想(fantasy)の最強チーム”を作り、相手チームと“対戦”するというものです。

 ファンタジー・スポーツのユニークな点は、その“対戦”方法です。実在する選手を集めてチームを作るのですが、その選手のシーズン中の実際の成績が連動し、野球なら「ホームランを打ったら1ポイント」「三振を奪ったら1ポイント」といった形で得られるポイントの合計で勝負するのです。

 ですから、実際に活躍しそうな選手を見極めることができるかどうかという「目利き」が重要になります。また、スランプに陥りそうな選手や怪我をした選手などはいち早く登録から外さなければなりませんから、選手の調子や対戦相手との相性などを熟知していなければいけません。トレードでの交渉手腕も試されます。まさに、実際のGMと同じ力量が問われるのです。

 数年前にブラッド・ピットが主演した「マネー・ボール」という映画が話題になりました。米メジャーリーグ(MLB)の弱小貧乏球団だったオークランド・アスレチックスが、それまでの経験と勘に基づいた選手評価を廃し、米ハーバード大学で経済学を学び当時まだ20代だったポール・デポデスタを参謀に迎えて統計学に基づいたスカウティングを行い、MLBに一大旋風を巻き起こした物語です。

 ファンタジー・スポーツに参加すれば、誰でも“第2のデポデスタ”になれるのです。これがファンタジー・スポーツ最大の魅力でしょう。しかも、最近は参加者数の急増により賞金総額もうなぎ上りで、例えば冒頭の「ドラフトキングス」(DraftKings)の優勝賞金は100万ドル(約1億2000万円)。まさしくミリオネア(億万長者)が誕生するようにもなりました。

一大市場を形成するファンタジー・スポーツ

 ファンタジー・スポーツ事業協会(FSTA)によると、米国でのユーザ数は約3200万人で、彼らが年間平均で467ドル(約5万6000円)をゲーム関連サービスに費やし、総額150億ドル(約1兆8000億円)の一大市場を形成しています。米国で最も大きなプロスポーツである米プロフットボールリーグ(NFL)の市場規模が100億ドル超であることを考えると、その大きさがお分かりになると思います。

 ファンタジー・スポーツは無料で提供されるものと、参加料を取って成績優秀者に賞金を還元するものに大別されます。最近の流行は、後述するように1試合だけを対象に安価な参加料(5~25ドル程度)を支払えば参加でき、ほとんど宝くじと同じような気軽さで換金できるデイリー・ファンタジー・スポーツ(DFS)と呼ばれるカテゴリです。

 DFSでは、例えば5ドル(約600円)の参加料のゲームなら優勝賞金1万5000ドル(約180万円)、10ドル(約1200円)なら5万ドル(約600万円)、25ドル(約3000円)なら100万ドル(1億2000万円)といった具合に、リスクマネーとリターンの金額によりいくつものグレードに分かれています。例えば、以下はドラフトキングスが現在開催しているコンテストの一部ですが、合計すれば軽く数百はあります。

 数ドルの参加料とはいえ、1つのゲームに数十万単位の参加者を集めるDFSでは巨額のお金が動きます。市場調査会社Eilers Researchによれば、2015年にDFSプレーヤーは合計26億ドル(約3120億円)の参加料をファンタジー・ゲーム事業者に支払うと推測されています。

 市場を構成するのは参加料だけではありません。各メディアは、参加者向けに独自に分析した情報を有料で提供する専門雑誌やサイト、テレビ番組などを提供しています。また、ファンタジー・ゲームのユーザーは高学歴でメディア消費時間の多い若年層という特徴があり、ここをターゲットにした企業がこうしたメディアに多額の広告を出稿しています。

 さらに、後述するようにDFS事業者自体もテレビ広告やスポーツ組織へのスポンサーシップに巨額な資金を投入しており、これらが全体として巨大な市場を創り上げているのです。