Jリーグと英Perform Groupは2016年7月20日、総額2100億円に上る巨額の放映権契約を結んだと発表した。Perform社は2017年から10年間、J1、J2、J3の全試合の放映権を獲得し、主にインターネットを通じて配信する。年平均200億円という放映権料は、現在、JリーグがスカパーJSATと締結している年額約30億円の7倍近くに当たる。

 Perform社は、スポーツ番組に特化したライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」を日本で2016年夏から開始する。テレビ、パソコン、スマートホン、タブレット端末、ゲーム機などのインターネット端末に向けて、様々な人気スポーツ番組を提供するサービスで、オンデマンドやライブ配信が特徴。普及すれば日本人のスポーツ番組の視聴習慣が変わるかもしれない。

NTTと技術提携、スタジアムのIT武装を本格化

一足早く実現したスマートスタジアム(NACK5スタジアム大宮)
一足早く実現したスマートスタジアム(NACK5スタジアム大宮)
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の放映権契約締結を受けて、JリーグとPerform社、NTTグループは「スマートスタジアム事業」に本格的に乗り出す。スタジアムに高速のWi-Fi網を整備して独自コンテンツを流し、周辺の商店街なども巻き込んでスポーツイベントを活性化する事業だ。大宮アルディージャのホーム「NACK5スタジアム大宮」などですでに導入が始まっている(関連記事)。

 NTTとJリーグは大宮の事例を他のクラブにも展開して行く計画だが、その際に必要なのが優良なコンテンツ。そこでDAZNの映像配信サービスを最大限利用したいと考えている。例えば、各種スタッツや選手情報を見ながら試合を観戦したり、ゴールシーンのリプレイを手元のスマホで再生できるような環境を整備する予定だ。

 Jリーグは増加した放映権料でスタジアムのITインフラを整備し、各クラブの経営基盤を向上させたい。NTTグループは2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けてスマートスタジアムの実績を積み重ねたい。それに日本進出で勢いをつけたいPerform社。3者の思惑が一致した。