測位とデータ蓄積を考える

IoT技術の利用イメージ
IoT技術の利用イメージ
[画像のクリックで拡大表示]

 今回の展示の中から取り上げるアイテムの一つが、「人の状態がわかるIoT技術」だ。これは高精度・リアルタイムの測位システムとしてすでに工場や作業現場などで実用化されている技術だが、異業種との交流の中で新しい使われ方が見出されてきたという。基本的な機能は、作業者がバッチやタグを付け、天井に取り付けた「ロケーター(アンテナ)」がBLE(Bluetooth Low Energy)電波の進入角から位置と距離をリアルタイムで割り出すというもので、最小誤差は30cmという。

(左)ロケーター。通常は天井に設定し、平面上を測定する。BLEが遮蔽物に弱いため、建物内を3Dで計測する場合は設置箇所に工夫が必要になる。(右)ロケーションバッジ。計測したい対象者・物に取り付ける。もっと小型のタグもある
[画像のクリックで拡大表示]
(左)ロケーター。通常は天井に設定し、平面上を測定する。BLEが遮蔽物に弱いため、建物内を3Dで計測する場合は設置箇所に工夫が必要になる。(右)ロケーションバッジ。計測したい対象者・物に取り付ける。もっと小型のタグもある
[画像のクリックで拡大表示]
(左)ロケーター。通常は天井に設定し、平面上を測定する。BLEが遮蔽物に弱いため、建物内を3Dで計測する場合は設置箇所に工夫が必要になる。(右)ロケーションバッジ。計測したい対象者・物に取り付ける。もっと小型のタグもある

 「このソリューションを見た海外の医療事業者から、医療施設内の効率的なオペレーションのために使いたいという問い合わせがありました。看護士が着けて作業を効率化する、患者が着けて位置を把握するというような人への使い方だけでなく、貸出用車椅子に着けておいて、その位置を把握できるようにするなど、さまざまな使い方ができるというのです」

 そう話すのは、産業・流通ソリューション事業本部第六ソリューション事業部の三好克也氏。ロケーターを効率良く配置することで、BLEでも立体的で広範囲な測位が可能になるという。

 「工場などでの使用を想定したソリューションでしたが、汎用性の高い技術のために、さまざまな用途があり、活用の幅が広いことを教えられました。しかしその一方で、どんな使い方をすれば、どんな価値を生み出すことができるのか。それを具体的にするのが難しいという側面もありました。そのため、オープンな場に出すことで、我々が想定できないような、新しい使い方のアイデアを見出すことができないかと考えるようになったのです。超福祉展に出展するのもそのためです」(三好氏)

 また、集積されるデータについても、ビジネス化の可能性があり、来場者からのアイデアが欲しいと話す。このシステムでは測位したデータがクラウド上でアーカイブされていく。GPSよりも高精細かつリアルタイムでの測位データがもたらす価値は計り知れない。

 「建物内で、リアルタイムでの測位とデータの蓄積が可能なのがこのシステムの特長だと思います。そのデータが集まったときにどんなことができるのか。超福祉展への来場者は面白い視点を持っていそうなので期待しています」(三好氏)