PR

 IoTにおけるセキュリティーソリューションを開発し、世界的な普及を目指している――。J-TECH STARTUP銘柄選定において、そんなポイントが評価されたのが、クァンタリオン(代表取締役社長 根岸邦彦)だ。IoT時代に向いた、安価、小型、低消費電力に加え、卓越した高品質の乱数を発生する乱数発生器を提供することを目指している。

†J-TECH STARUP銘柄を表彰する「J-TECH STARTUP SUMMIT 2016」が東京・浅草橋で12月7日、13時~開催されます。クァンタリオンの根岸氏も講演します(詳細はこちら)。

 情報セキュリティーの根幹には、常に乱数発生が求められる。例えば、IDを作るところ、暗号をするところで使われる。もし、次に発生する乱数がある程度予測できたら、そのセキュリティーシステムは崩壊してしまう。

 そこで求められるのが、まったく予測できない理想的な乱数システムを作ることだ。ところが、この真正乱数を作るのが難しい。アルゴリズムで乱数を発生させる場合、種となるデータが分かれば、次に発生する乱数が予測できてしまう。また、物理現象である熱雑音を使って乱数を発生する装置があるが、乱数源のエネルギーが小さいため、乱数の確率が偏る。これを修正するために、ソフトウエアによる偏り補正処理「ホワイトニング」が行われる。これには消費電力を必要とする。また、ソフトウエア処理をするために、発生した乱数が同じ値になってしまう確率を算定できない。同じ値が発生してしまうと、IDのユニーク性を担保できない。

 こうした問題点を解決する方法として、クァンタリオンが開発したのが、量子乱数発生器である。70兆個の原子の原子核崩壊を利用したもので、構造は単純。線源の近くにダイオードを設置し、ここでパルスを検知する。自然現象を利用するので予測不能で、偏りがないため、ホワイトニング処理も不要だ。原子核崩壊というと、放射線被害を思い浮かべてしまうが、線量は限りなく低く、人体には影響するレベルではない。

 現在、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の研究開発型ベンチャー支援事業/シード期の研究開発型ベンチャーに対する事業化支援(STS支援)を受け、量子認証素子を開発中である。2017年初頭には、このデバイスの開発を完了する見込みである。

■会社概要■
会社名:株式会社クァンタリオン
本社所在地:東京都・文京区
事業内容:量子乱数発生器の開発
代表者:代表取締役社長 根岸邦彦
設立:2015年6月