PR

 深刻な健康問題に直面することの少ない若者にとって、健康管理アプリへのなじみは実は薄い。その一方で、若い女性の多くが体重管理や月経管理にアプリを利用し始めている。

 日本では、エムティーアイの女性向け健康情報サービス「ルナルナ」のアプリダウンロード数が2014年に630万を突破。日本のモバイルアプリ市場全体で見ても、強力なプレーヤーに育った。

 最近では、エイチーム(Ateam)による月経管理・相談コミュニティーアプリ「ラルーン」もユーザー数を伸ばしている。2014年5月には会員数が200万人を突破した。

「PayPalマフィア」が妊娠支援アプリ

Glow社を立ち上げたMax Levchin氏(出所:Glow社)
Glow社を立ち上げたMax Levchin氏(出所:Glow社)
[画像のクリックで拡大表示]

 米国では単なる月経管理アプリではなく、妊活支援や不妊治療の機能を備え、より専門的なニーズに応えるアプリが人気を集めている。米PayPal社の共同創業者で「PayPalマフィア」(同社出身の起業家たち)の代表的人物であるMax Levchin氏が新たに立ち上げたスタートアップ、米Glow社は妊娠支援アプリなど複数のアプリを提供中だ。