PR

果たして「デジタルヘルスDAYS2016」では…

 さまざまな取り組みが出始めたとはいえ、現時点ではまだ、製薬業界のスタンスは模索状態と言えるのかもしれません。しかし、その動きが本格化したとき、それはデジタルヘルス分野にとってとても大きな一歩となるのではないでしょうか。

 日経デジタルヘルスがかねて提唱している「ソーシャルホスピタル」の世界。その実現には、テクノロジーの“使い手”側、すなわち社会実装により近い立場にいるプレーヤーの本格参入が欠かせません。製薬業界は、その一つとして重要なプレーヤーになる可能性があると考えています。製薬業界×デジタルヘルスに注目しているのは、そのためです。

日経デジタルヘルスが提唱する「ソーシャルホスピタル」の概念図(イラスト:楠本礼子)
日経デジタルヘルスが提唱する「ソーシャルホスピタル」の概念図(イラスト:楠本礼子)
[画像のクリックで拡大表示]

 日経デジタルヘルスは昨年に引き続き、「デジタルヘルスDAYS2016」(2016年10月19~21日、東京ビッグサイト)を開催予定です(昨年のイベントの様子はこちら)。デジタルヘルスに関わるさまざまな立場のプレーヤーが一堂に会する同イベントで、果たして今年は製薬業界の存在感が高まっているのか。そんな視点も含め、ぜひ皆さまもデジタルヘルスDAYS2016、そして日経デジタルヘルスにご注目いただければ幸いです。

 末筆ではございますが、皆様のご健勝をお祈り申し上げまして、新年のごあいさつとさせていただきます。