PR

 2013年から2014年にかけて、マイクロ流体素子の市場は新製品の発売が遅れたため、成長は若干緩やかだった。しかし、Yole Developpement(以下、Yole)の調査によれば、この市場は2014年には21億米ドルに達し、2桁の成長を示す見込みだ(詳細は技術と市場の分析レポート「2015 Microfluidic Applications in the Pharmaceutical, Life Sciences, In-Vitro Diagnostic, and Medical Device Markets report」(医薬、生命科学、体外診断、医療機器の分野における2015年のマイクロ流体の応用)にあり)。

 今後5年間の年平均成長率(CAGR)が18%という市場発展の確証も得られており、2020年には市場は60億米ドルになる。この市場は巨大なビジネスになり始めているのである。なお、現時点の市場では、体外診断や医薬用途で使用されるポリマーチップが支配的だ。