PR

中国では深刻なスモッグの脅威が蔓延している。北京では頻繁に大気汚染赤色警戒が発令されている。それだけではなく、上海、広州、重慶でも相次いで警報が出されている。スモッグのPM2.5浮遊微粒子は、人体の健康に甚大な影響を与える。さらに、長期的に見ると、スモッグ被害地域では企業の投資や就職意欲に影響が出る上に、経済発展全般に不利な影響が及ぶことにもなる。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

日経クロステック登録会員になると…

新着が分かるメールマガジンが届く
キーワード登録、連載フォローが便利

1/31まで日経電子版セット2カ月無料


日経クロステックからのお薦め

初割 電子版セット 2カ月無料