PR

 日経テクノロジーオンライン、実は少しずつ進化しています。2016年に入り、新たに2つのテーマサイトをオープンしました。「パワーエレクトロニクス」(以下、パワエレ)と「スタートアップ」です。

 パワエレのテーマサイトはその名の通り、電力を効率よく融通するエネルギーシステムや、同システムを構築する上で不可欠なパワエレ機器に関連するニュースやコラムを紹介します。もちろん、同機器のキー部品であるパワーデバイスの最新動向もピックアップします。

 日本を見てみれば、これまで日本メーカーがパワエレ機器やパワーデバイスの分野で強みを発揮してきました。ですが変化が激しい世の中で、今後もその状況を維持し続けられるかは分かりません。社会で必要とされるもの、つまりアプリケーション(応用先)ごとに求められるエネルギーシステムやパワエレ機器、パワーデバイスを開発することが成否のカギを握ります。

 そこで、日経テクノロジーオンラインでは、エネルギーシステムやパワーエレクトロニクス、パワーデバイスの最新動向や技術の情報をお届けするテーマサイトをオープンさせた次第です。

起業家漫画も連載


 スタートアップのテーマサイトは、「起業の今を追う」をキャッチフレーズに、ベンチャーやスタートアップと呼ばれるような新興企業の最新動向をお届けします。こうした新興企業からは、斬新なアイデアや製品が次々と登場してきており、目が離せません。

 一方で、大企業が新興企業の開発を支援し、量産段階では蓄積したノウハウを提供する役割分担が進んでいます。そこで、大企業と新興企業との協業も積極的に取り上げたいと思います。

 加えて、連載コラムも充実させる予定です。スタートアップ関連では、FOVE 代表取締役社長の小島由香氏が「起業実録漫画」を描く「それでも目は泳ぐ ~サンフランシスコ起業実録~」や、ハードウエアスタートアップの製品量産を支援しているFORMULA 代表取締役の西野充浩氏がハードウエア事業成功の条件を解説する「スタートアップ道」があります。
 
 米国シリコンバレーの“今”をお届けする「シリコンバレーNEXT」でも、多数のスタートアップを紹介しています。こちらも要注目です。スタートアップ関連では、この他にも新しい連載コラムを準備中。スタートアップのテーマサイトをますます充実させていくつもりです。

 新たに始まった2つのテーマサイトをよろしくお願い致します。