PR
リコーが展示していた「脊髄機能の見える化」
リコーが展示していた「脊髄機能の見える化」
[画像のクリックで拡大表示]

 「nano tech 2016」(国際ナノテクノロジー総合展・技術会議、2016年1月27~29日、東京ビッグサイト)で、多くの来場者を集めていたリコーのヘルスケア分野の展示を見てきました(関連記事1)。

 同社は画像処理などを生かした神経信号を見るシステムや、インクジェット技術などを利用して細胞を3D空間上に自由に配置して組織モデルを構築するバイオ3Dプリンターをブース中央に配置していました。「事業の予定は今のところ未定」(同社)としつつも、研究開発を進めていくとのことです。

 同社は既にヘルスケア事業として、電子カルテと患部画像をひも付けて管理するシステムなど、主としてITによる医療現場の支援に力を入れてきました。しかし今回展示していた研究開発からは、より医療技術そのものへ踏み込もうとする意思を感じ取れた気がします。

 大塚製薬やスイスNovartis社といった製薬企業についても、他社と協力し合って、患者が薬の服用したかどうかを見える化しようとする動きがあります(関連記事2)(関連記事3)。医療分野においてもIoTや製造業の知見といった、今まであまり縁のなかった技術が結びつつあることを示す出来事なのかもしれません。ちょうどスマート工場の実現のため、「Industry 4.0」や「Industrial Internet」を通して、ハードウエア側の企業とソフトウエア側の企業が結びつき、製造現場の見える化を進めているのと似ているように思えます。

 医療においてもスマート工場のように、これまで関係ないと思われていた企業の参画が拡大していくと期待しています。そして、市場としてもより大きく広がっていくのではないでしょうか。