PR

大阪大学のハイブリッドアクチュエーター

エアシリンダーとリニアモーター、2つのアクチュエーターを一体化した。小型軽量で出力を高められるとする。介護や物流支援などで使うロボットでの利用を想定している。

エアシリンダーとリニアモーターを一体化した。
エアシリンダーとリニアモーターを一体化した。
[画像のクリックで拡大表示]

法政大学のパワーアシストスーツ

介護現場での利用を想定したもの。被介護者を抱え上げる際に、空圧で作動する2本の人工筋肉がパワーアシストスーツを装着した介護者の背中を引っ張って起き上がる動作の負荷を軽減する。人工筋肉は、ゴムチューブをポリエチレン繊維で編んだスリーブで覆ったもの。スリープの特殊な編み方によって、ゴムチューブにエアを流すと径方向に膨らみ軸方向に収縮するようになっている。起き上がる際に手元のスイッチを入れると作動する。圧縮空気は、スーツに装着した小型のボンベ、もしくは外部のコンプレッサーから供給する。

介護現場での利用を想定したアシストスーツ。腰から背中に向けてV字形に配置されているのが圧縮空気で作動する人工筋肉。
介護現場での利用を想定したアシストスーツ。腰から背中に向けてV字形に配置されているのが圧縮空気で作動する人工筋肉。
[画像のクリックで拡大表示]
ゴムチューブを特殊な編み方をしたポリエチレン繊維のスリーブで覆った人工筋肉。空気を送り込むと長手方向に縮む。
ゴムチューブを特殊な編み方をしたポリエチレン繊維のスリーブで覆った人工筋肉。空気を送り込むと長手方向に縮む。
[画像のクリックで拡大表示]

東京工芸大学の移動用プラットフォーム

荷物の搬送ロボットや移動式産業用ロボット、家庭用ロボットなど、さまざまなロボットの移動用プラットフォームとして想定している。もともとロボットによるサッカー競技「ロボカップ」用に開発したもので、耐久性や機動性に優れるという。底面に4つのオムニホイールを備え、前後左右への移動やその場での旋回が可能。本体の質量は約15kgで、可搬質量は30kg程度。

ロボカップ用に開発したロボットのプラットフォーム部分を汎用的に使うことを想定したもの。
ロボカップ用に開発したロボットのプラットフォーム部分を汎用的に使うことを想定したもの。
[画像のクリックで拡大表示]