PR

 減量を始めて3カ月が過ぎようとしています。ペースは毎週1kg。2歳になる我が息子と同じ体重を減らすことができました。かつては息子をずっと抱きかかえていたようなものだと思うと、どうやって日常生活をこなしていたのかと不思議に感じるほどです。膝の痛みなど、肥満が原因の症状が以前は表れていたので、相当な無理があったのでしょう。

 ここまで痩せられたのは、有名なダイエットジムに通っているからです。「結果にコミットする」という宣伝文句とともにテレビコマーシャルをバンバンと流している、あれです。私が入会を決めたのは、支店が自宅のそばにあってトレーニングが1週間に2回で続けられそうと思ったこと、そしてダイエット効果に対する統計的な裏付けがあったからです。高額の会費は手痛い出費ですが、肥満に伴う現在そして将来の諸症状を緩和できるなら、まったく安いと考えました。

 実践して気づいたことは、トレーニングよりも食事が重要という点です。このプログラムは、体脂肪を落として筋肉質にする定期的なパーソナルトレーニングと、日常の食事制限から構成しています。筋肉を付けるのは、代謝を高めて体内に蓄えられた脂肪を燃焼させるため。食事制限は、炭水化物と糖を抑制してタンパク質と低糖の野菜などを多く採って、体内の脂肪を代謝に使うためです。食事の内容は、毎回写真に撮ってトレーナーに送ります。