PR

 お笑い界の「ビッグ3」と言えば、明石家さんまさん、タモリさん、ビートたけしさんですが、VR(仮想現実感)ゲーム業界のビッグ3といえば、米Oculus VR社とソニー・コンピュータコンピュータエンタテインメント(SCE)そしてバンダイナムコエンターテインメントではないか、と筆者は考えています。完全に私見ですが、いずれもVRゲーム業界で注目を集めている企業です。

日経エレクトロニクス2014年9月29日号から(写真:加藤 康)
日経エレクトロニクス2014年9月29日号から(写真:加藤 康)
[画像のクリックで拡大表示]

 Oculus社は、ヘッドマウントディスプレー(HMD)「Oculus Rift」を開発。2013年春に最初の開発者版を300米ドルで発売し、ゲーム業界に「VRブーム」を巻き起こしました
関連記事)。その後、2014年に米Facebook社に約2000億円で買収され、さらに大きな注目を集めました。現在、2016年第1四半期に発売するHMDの製品版の開発に注力しています(関連記事)。開発者版だけでも累計で10万台以上を出荷したことから、大きな売り上げが期待されています(関連記事)。

Oculus Riftの製品版
Oculus Riftの製品版
[画像のクリックで拡大表示]

 SCEは、VR用HMD「Project Morpheus(プロジェクトモーフィアス)」を開発中です(関連記事)。モーフィアスの試作機を発表したのは2014年3月。大手ゲーム機メーカーがVRゲームに参戦するとあって、ゲーム業界はVRで大いに盛り上がりました。2015年には新しい試作機を発表し、2016年上半期に製品化することを明らかにしました(関連記事)。

Project Morpheusの新型試作機
Project Morpheusの新型試作機
[画像のクリックで拡大表示]